わったり☆がったり

왔다 갔다(行ったり来たり)な毎日です(*^_^*)

「同化」にこだわる。

植民地教育史研究会というところに所属している。 先月末の2017年度第21回大会のテーマは「日中全面戦争と植民地教育の展開」昨年の2016年度第20回大会のテーマは「教育の植民地支配責任を考える」 今年のシンポジウム参加記をまとめるためのメモをブログに…

研究会参加からの大阪ダイバーシティパレード

2017年度末~2018年度初の怒涛の2日間(笑)へとへとです(笑) www.youtube.com これに参加するために夜行バスで大阪に帰りましたのよ。 中之島公園芝生広場から難波元町まで御堂筋を南進。 第1梯団が多様性(No Hate! No Racism!)、第2梯団が労働、第…

同化/皇民化ということ

日本植民地教育史研究会、2017年度の大会シンボジウムは、日中戦争80年にちなみ、1937年前後で植民地教育にどんな変化が起こったかー朝鮮と台湾に関する発表と討議、でした。 「同化」は植民地教育に一貫している方針で、その強化形が「皇民化」。朝鮮の場合…

「ともに生きる」ということ

昨日、子どもの夢応援ネットワーク主催のシンポジウム@法円坂に参加しました。 「ともにいきるシンポ~多民族社会「日本」のこれから」 メイン講演が湯浅誠さんだったからなのか、はたまた関心が高まっているからなのか、(後者だとたいへんうれしい)参加…

『朴烈 植民地からのアナキスト』@大阪アジアン映画祭

www.youtube.com 観ました。大阪アジアン映画祭、ありがとおっ! 同映画祭では例年、アジア各国で話題の最新作を中心に、日本の歴史や文化と関連した作品を数多く上映してきた。中でも今回の映画『朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト』は日韓の歴史を…

教師という仕事・働き方について思うこと*「裁量労働制」って・・・

予算委員会で「働き方改革」が議論されている。話題の「裁量労働制」・・・教師こそ、その最たるものなのに、言及してもらえないのね(^_^;) と思いつつ。昨日のつづき。 教師の一日:私の場合 昨日、朝7:30ぐらいに学校に着いて、6:00ごろまで・・・と書き…

教師という仕事・働き方について、思うこと

オリンピックという祭典のさなか、こちらは絶賛、採点の祭典真っ最中。 今年度から新しく担当した講義の成績付け・・・は、試行錯誤でやってきた半年間の内容を学生さんに逆に採点されているような気分になりながらの作業。 ・・・で。 おもえば、93年に高校に教諭…

識字から

第4回 識字・日本語学習研究集会 よみかきことば・つながるための学習を支援する ・・・に参加した日曜日。 「識字」とは。 「よみかき」・・・だけど、大阪の、解放運動の「識字学級」はそれだけじゃない。 識字運動で大切にされてきたのは、学習機会を奪われて…

『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』鴻上尚史

「9回出撃して9回帰ってきた」佐々木友次さんという特攻兵のことを、鴻上さんが調べ、インタビューし、書かれたもの。 bookclub.kodansha.co.jp 私も新聞の書評で「9回出撃して9回帰ってきた」というところに俄然興味を引かれて買ったのだけれど、想像以上だ…

アライ(ally)って・・・

これが比較的まとまっているのかなと思いますが キャシー(@torontogay69)さんのアライ(ally)に関する発言まとめ - Togetter 元々が「Ally(同盟する)」から来ているものだから、要はセクシャルマイノリティの人権運動に連帯し、共闘する「非当事者」に名…

私的韓国映画week

日曜日、東京出張ついでに野田秀樹観ようと思ってたのを台風が心配で断念し、月曜日、授業の感想のなかに凹むヤツがいくつかあって落ち込み、星占いでも「くよくよ悩んでしまいそう」12位! という具合だった神無月終わり。 こういう時は体調にもくるんだな…

韓国で考えたこと

9月11日~14日、韓国の代案教育運動を勉強しにソウルと江華島に行っていました。 これ コアプラス企画・韓国教育視察ツアー on Strikingly 代案教育運動の詳しいところは「韓国 代案教育」「韓国 代案学校」でググると、日本語の論文も幾つかヒットしたので…

8月末・・・1923年//2017年

8月24日に、こんな一報が流れた。 「東京都の小池百合子知事は、毎年9月1日に営まれている関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を、今年は取りやめることを決めた。」 え? そのときは、「石原慎太郎でさえ出してたのに・・・」と聞いて、逆に石原は(ふ…

『フリーダム ライターズ』

半年放置していたブログ……(笑) 『奇跡の教室』の感想を読み直してみたら、 『フリーダムライターズ』を観たときに「ここでもホロコーストなんやな……」と思ったんだけど、両者は大分違うなと改めて思い直したので書いておこうかと。 フリーダムライターズ htt…

『ジニのパズル』と『ROCK U!』

『ジニのパズル』は発表時から気になっていた作品だった。本になったら読もう・・・と思いながら、ずるずる過ごしているうちに、ネット上でさまざまな人のさまざまな「評」を目にして、ちょっと腰が引けるような、そういう気分になった。 なぜ腰が引けたか。

「反日」考~『鬼郷(귀향クィヒャン)』を観て思ったこと

観てから既に1ヶ月以上・・・。 感想書かないまま年を越してはいけないわ! と、お節作って向かうPC。 しかし、ググってみると(予想はしたけど、実際)ろくな記事がヒットしない・・・・・・ 慰安婦題材の韓国映画『鬼郷』、東京で初上映…「反日が目的ではない」 | J…

Les Heritiers 邦題『奇跡の教室』

kisekinokyoshitsu.jp なんか忙しくて、本もあまり読み進まず、映画もあまり見られず・・・な今日この頃&ブログを全然使えてない!反省も含めて。この夏、いろんな方向で考えさせられたフランス映画について。(概要はリンク貼ったのでそちらで) 「奇跡」…

ブログの引っ越し つづき

そもそも、ZAQぅのブロガリが終了するというから、はてなに来たわけですが。 エクスポートからのインポートがうまくいかず、あれこれ調べてみたら、要はZAQが超絶不親切だということらしく、みなさんあれこれ苦労されているもよう(T_T) ということで、まるま…

殺される側の論理

・・・というのは、本多勝一さんの御著書のタイトル(朝日文庫)高校生のとき、ある先輩に勧められて読んだ。 その冒頭に置かれた文章「母親に殺される側の論理」は、横塚晃一さんの『母よ!殺すな』に序文として寄稿されている。 本多さんの妹さんも脳性マヒで…

個人的なことは社会的なこと~『焼肉ドラゴン』

兵庫県立芸術文化センターの《鄭義信三部作 一挙上演》で『焼肉ドラゴン』を観てきました。 既に何回か観ている、大好きな作品。 時は、1970年前後の約2年間。場所は、たぶん(笑)伊丹空港近くの兵庫県のどこかにあった朝鮮人集落 ホルモン焼きの店「ドラゴ…

2月21日「多文化共生を振り返る 排外主義を乗りこえた未来を構想するために」参加記

標記の企画(立命館大学生存学研究センター主催)に行ってきました。 ヘイトスピーチ/排外主義が台頭する現在から振り返るーーーと歴史修正主義者の活動が活発化し始めた90年代、同時に「多文化共生」という理念/行政用語が登場し、施策も始まった。この20…

ギザじゅー

ひさしぶりに見た!

“特権”を学ぶ

元ネタはこちら→ What Is Privilege? | Omeleto 今月末に頼まれている某研修会でこの手のワークをしたいなぁと思っているところに、このサイトがTLに流れてきたので、質問項目を訳してみました。 アメリカ版なので、このままは使えない・・・けど、勉強になりま…

ブログを引っ越さねばならないらしい・・・

ということで、とりあえずこちらに作ってみた(^_^;) しかし、エクスポートからのインポートがうまくいかない・・・。 ぼちぼちやりますわー。